WordPressのリビジョン数を制限する

WordPressは記事を下書き保存や更新ごとにリビジョンとして別バージョンのデータを持つので、比較や復元ができて便利です。
が、リビジョンが多くなってしまうと容量を圧迫します。リビジョン数が膨大になってしまわないよう、適切な数に制限したいです。

wp-config.phpを編集する

プラグインを使わなくても、wp-config.php でリビジョンに関する設定ができました。

wp-config.phpの場所
wp-config.php はWordpressのディレクトリ内すぐ下にあります。
このファイルに適宜書き足します。(バックアップを取ってからの編集が安心です)

リビジョン数を制限する(この場合は3)

define('WP_POST_REVISIONS', 3);

リビジョンを保存させない

define('WP_POST_REVISIONS', false);

リビジョンを使う

define('WP_POST_REVISIONS', true);

リビジョン管理プラグイン WP Revisions Control

いうてプラグインを使っているので、ついでに紹介しておきます。
WP Revisions Control

WordPress設定 > 投稿設定 で投稿タイプ別にリビジョン数を設定できます。スクショにないですが、カスタム投稿タイプにも対応しています。
記事ごとに例外をつくることもできて便利です。

コメントする